なすところをしらざればなりFOR I KNOW NOT WHAT I DO 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://nasutoko.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

09年8月プレイメモ

   ↑  2009/09/01 (火)  カテゴリー: 未分類
8月にプレイしたもの。

Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-
(2009/07/24)
Windows

商品詳細を見る

『Dies irae 2009夏版』(09年7月)。いまだ未完成ってどういうことなの……ですが、それでも(未完成でも)普通に良い、と十分に言えるレベルにはなっています。点数付けるなら75点くらい。どいつもこいつもありえねえほど自分すぎることの美しさ、強さ、弱さ。永劫回帰とはつまり繰り返し続けること―――ニーチェに沿うなら、確か「自らそれを望むこと」だったか。ありえねえほど自分すぎるヤツラがそれ故に自分に嵌って(永劫回帰)、それでもなお、それを超越してしまうという……圧倒的なお話。

・記事
レビュー
クリア時雑感



花と乙女に祝福を 初回版花と乙女に祝福を 初回版
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る

『花と乙女に祝福を』(09年6月)。
生きていて良かった!! と大声で叫びたくなるほど大傑作。ごめんピンポイントでボクの趣味突きすぎなんですこのゲーム。点数付けるなら93点。ただし女装方面とか興味ない人はそこからマイナス10~15点くらいしといてね! 全体的に丁寧で素晴らしい一作なので、そんなに女装系に興味なくても、十分受け入れられるとは思いますが。
「仮想化しきれない残余」というもの(ちなみに元ネタはスラヴォイ・ジジェクの同名書籍)。それに追いつかれるし―――そもそもそれに、向かい合っている。だからこそ栄える、女装してルピナスに入り込む時間というこの楽園。個々のシナリオが別にインパクトとかないという欠点はありますが、いやこの場合むしろ利点なのかもしれない、それゆえに正中は晶子=彰に収まるのだから。とにかく個人的に(という但しを入れなくてはならないw)傑作です、そして大好きです。

・記事
プレイメモ2
プレイメモ1



世界でいちばんNGな恋 通常版世界でいちばんNGな恋 通常版
(2007/11/22)
Windows

商品詳細を見る

『世界でいちばんNGな恋』(07年11月)。
あー、うんー、なんというか合いませんでした。点数とか言えない。決して出来が悪いワケじゃなくて、その、最高の食材と一流の料理人が作ったんだけど、それ苦手な料理なんですゴメンなさいって感じの所です。途中までは非常に楽しめたんですけど……。
それでもお話はちゃんと読んだ。おそらく、「人は一人でも生きられる」けれども、「一人では幸せになれない」というお話。主人公の人は、自分の役割に真摯すぎて「逸脱」(ここでいう逸脱とは、求められてること、その役割でやることを、やりすぎてしまう・守りすぎてしまって、つまり過剰すぎてはみだしているという意味)してしまう人なんですけど、それゆえに固くて梃子でも動かなくて、という感じの人なんですけど、だからこそね、彼は、たとえば麻美が言っていたように、「守ってやる」対象がいたりすると、すごく輝く。そういう対象がいると、幸せになる。
逸脱者だから、役割・責務・目指す所が必要なんですよ。だから、それが無かった時(ゲーム開始時点くらい)は、あんなに長い間失職状態だったワケですしね。そういう人間は、一人では幸せになれない。他人がいなければ幸せになれない――逸脱して、そのまま何処かへ消え去ってしまうような――人間は、確かに居る。

記事というかレビューというか、後で書きたいと思います。



くるくるく~るくるくるく~る
(2009/06/26)
Windows

商品詳細を見る

『くるくるく~る』(09年6月)。
一言でいえば。 『リトバス』で、「どうして女装した理樹きゅんが――あるいはいっそのこと、本当に女の子になって――恭介とキャッキャウフフムーチョムーチョする展開がないんだ!!! 逆(恭介が女の子化)でもいいけど!!!」とか思ったダメな人は全員買えばいいと思うよ。通称『狂る狂る狂~る』。フフフ、世界をトキメキで満たしてやるぜ!!
とにかく銀聖編が最高です。もうそのシチュエーションだけで、最高。どうして最高なのか、なんで最高なのかは、自分でも分かりません。とにかくいいんだ。ここには、親友ENDの向こう側がある。閉ざされたピリオドの遥か先のなんか触れたらヤバよなーって思わせるアレとかがあるぜ……!
えっと、点数付けるなら60点くらい。ギンはいいんだけど他はねえ……というか、ちょっと無駄に長いと、失礼を承知で言いたくなってしまう。

あとは、「享楽」、享楽の剥奪感の話。ぶっちゃけ、プレイヤーよりユキの方が楽しんでるし感じています。それじゃ俺らは、その状況をMっぽく楽しむしかねーじゃねーですかー……。その辺は、批評的には面白いんだけど、楽しさ的にはどうだろうねってポイント。

・記事
剥奪される享楽の話2(記事の下の方)
剥奪される享楽の話1(記事の下の方)



智代アフター ~It's a Wonderful Life~ CS Edition智代アフター ~It's a Wonderful Life~ CS Edition
(2007/01/25)
PlayStation2

商品詳細を見る

『智代アフター』(05年11月)、ついにやってしまったー……。4年間ものあいだ、挫折してたのですが。
挫折してたのは、つまらないからじゃなくて、ヤバそうだったから。プレイした時の精神的ダメージが。CLANNADで”あんなに”だったのだから、これをやったらどうなるのだろうかボクは……人生の宝物は見つかるのだろうか……という、恐ろしさで。
「人生の宝物を探しに行こう」。
一言でいうと、見つかります。全てが宝物です――だからそう、It's a wonderful life.

端的にはCLANNADの逆、あるいは補完、もしくはさらに深めたもの。
CLANNAD冒頭の朋也の言葉、「見つければいいだけだろ」に対するCLANNADの答えは、失ってもそれでも前に進んでいけるだった(だから最後「死ななかったルート」が必要だった)のですが、それに対する『智代アフター』の答えは、クラナドの逆、あるいは保管、もしくはさらに深めたもの。
失うものなどなにもなく、ここにないというだけで消えてなく、全ては永遠に続いていく

やはり何というか、この「短さ」は、プレイ経験において残念な点ではあるけれど。よく云われる「ラスト」については、これほど素晴らしい『答え』は、これをおいて他にはない。
95点。

記事
レビュー(記事の真ん中)



Sugar+Spice! ~あのこのステキな何もかも~(通常版)Sugar+Spice! ~あのこのステキな何もかも~(通常版)
(2008/09/25)
PlayStation2

商品詳細を見る

8月にやったものラスト、シュガスパ。(07年)
丁寧に折り重ねられた傑作。ノベルゲームを『同級生』システム的にアレンジしたものといえるでしょうか。点を付けるなら83点くらい。あと司がウルトラ可愛いので俺は死んだ。
レビュー的なもの・考察的なものは、今書いてるところだし、これからも、あと一個書くはところ。責任の浮遊と受け取り、つまり和真くんの深化と、それを見やる僕たち記憶喪失者。最後までやると、「これほどいい気持ちで、大好きなままでやめられるゲーム」も珍しいくらいだなと実感できるでしょう。

・記事
シュガスパ雑感1
シュガスパ雑感2



現在プレイ中は、『ナツユメナギサ』(09年7月)と、『サクラ大戦 君あるがため』(08年3月)。あとはまだ買ってもいないけど、『真剣で私に恋しなさい』もさっさと買ってプレイしたい(てゆうか売ってない……)。
『ナツユメ』は面白いし楽しい。何故だか、一昔前のKIDのような感触。『サクラ 君ある』はちょっと驚き。よくある「亜流シレン」なんですけど、予想外に出来が良いんですよね。ただ簡単になってるワケでもない。育てる楽しみも、仲間を使う楽しみもあるし、そもそも、育てたり仲間使わないと進めない程度には難易度がある。さすがはネバーランドカンパニーが作ってるだけのことはあります(『シャイニングフォース・ネオ』とか『カオスシード』、『DC版ロードス』『DC版シレン』とかの会社)、シンプルでストレスレスでありながらスルメゲー的面白さが満載。仲間キャラのAIが軽くバカ(罠を見つける→自分で見つけた罠を自分で踏む→そして死ぬ、とか普通にあるw)なところなんかが、逆に可愛く思えてきたら君の勝利です。

しかし8月6本プレイとかしょぼいな自分……。

(記事編集) http://nasutoko.blog83.fc2.com/blog-entry-17.html

2009/09/01 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : Sugar+Spice! (And everything nice)
この前の記事 : ガスパ雑感 2nd LOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。